コンセプト

「食材の産地や料理の歴史・文化を学んだからこそ、切り口・味・香り・食感・温度差、この5つがマリアージュを奏でるひと皿を生みだすことができるんです」と語る松嶋シェフ。
本場・フランスでミシュラン星を9年連続獲得中という快挙は、松嶋シェフが料理の源流を学び、ブレない哲学を持ち続けている結果といえるだろう。

2002 年12 月20 日の25 歳の誕生日に、フランス・ニースにお店を開店してから10 年以上が経過。フランス企業としてフランス料理はもちろん、フランス人やフランス文化を敬愛しながら、日本人の繊細さ感性、価値感をお料理やサービスに表現してきました。おかげさまで、地元で、それが高く評価され、9 年連続、ミシュランの星を獲得中です。10 年超という実績と評価を受け、このタイミングでの始動となります。東京・原宿でも、ニースの「KEISUKE MATSUSHIMA」を時差なく感じていただきたく、素朴なラグジュアリーをご提供いたします。

ニース本店同様に下には、フランス企業であるという意味を込めて「FRANCE」を入れました。フランス企業であると言う事と、フランス通りにお店がある事、フランスを背負う覚悟を持って今後も活動をしていくと言う意思表示でもあります。 Restaurant-I をご愛顧頂いておりますお客様におかれましても、どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。松嶋啓介オーナーシェフ、以下スタッフ一同、心から皆様方のご来店をお待ち申し上げております。